FC2ブログ

スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告 |


陵辱女捜査官 媚薬肉奴隷 さとう遥希

幼き頃から特殊訓練を受けてきた敏腕捜査官遥希。ついに闇取引の情報を掴んだ遥希は証拠を得るために倉庫に向かった。得意の体術で手下を締め上げ新たに情報を得ようとしたのだが敵のNo.2によって阻まれてしまう。拘束され拷問にあいながらも強気な遥希に業を煮やした幹部はついに媚薬を投与するのだった…。いまだに刑事もの=アクションという発想が失笑ものでお粗末なヘロヘロアクションに尺を取るのは無駄としか思えないが、頭使わなくて済むから楽なんだろうか。捕まって凌辱というありきたりな作りで、序盤こそ気が強く反抗的な演技がなかなか様になっていたが安直な薬物堕ちパターンで、すぐにラリった状態になってしまい、結局最後までそのまんま。少しずつ心が折れていく感じもなく、いろんな意味で手抜き感が目立つ。ドラッグ系が好きな人でもなければ凌辱系としてはあまりおすすめできない。

関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。