FC2ブログ

スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告 |


獣たちの性奴隷4 ほしの由依

夫と幸せな新婚生活を送っていたが、逃走中の殺人犯たちが自宅に逃げ込み、彼女は夫の前で犯されてしまう。更に彼女の家に潜伏することを決めた組員たちは一日中、犯しながら賭けをはじめるのだった…。逃走中の殺人犯に自宅に侵入された新妻(ほしの由依)が夫の目の前で複数の男たちに陵辱されていくという展開。本来なら興奮するストーリーのはずが、見事に期待を裏切られ、まさに駄作と言っていい仕上がりだ。まず、主演のほしの由依の演技力が×。抵抗する様子から堕ちていく様子まで、全てが中途半端で臨場感のカケラもない。最初から最後まで複数の男たちに犯されるシーンが続くのだが、とにかく絡みが単調で10分も観れば飽きる。しかも、ほとんどが夫の目の前で犯しているものの、そこには背徳感のかけらもない。正直、購入したことを後悔した。アタッカーズとしてはたいへん残念な作品だ。



関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。